ネーミング次郎のネーミングコラム

2012年09月24日 16:45

男性化粧品「ギャツビー」

スコット・フィッツジェラルドの名作「グレート・ギャツビー」が、この冬、また映画化・公開されるようです(映画の邦題は過去作も含めて「華麗なるギャツビー」)。今度の主演はレオナルド・ディカプリオ。今まで何度も映画化されてきたのに何でまた?と僕なんかは思います。アメリカ人て、よほどこのストーリーが好きなんでしょうか。

で、この主人公の名前からとったネーミングが、男性化粧品ブランド「ギャツビー」。1978年発売だから、1974年のロバート・レッドフォード主演作の後ですね。僕は実はこの作品しか見てません。2001年の作品は評判が良くなかったので、結局見ずじまい。中学生時代、とっても可愛かった女の子が年月の手で無残な姿になってしまったのを聞いて、会いたくなくなったと同じような理由ですね(自分の姿を完全に棚に上げてます)。というわけで僕のギャツビーのイメージとしては、イコール、レッドフォードということになります。

でもなんでこの映画の主人公の名前からネーミングしたんですかね。昔好きだった女性(しかも既に結婚している)を諦められず、成り上がってその対岸に引っ越してきてしまう一途な生き方。頻繁に大パーティを催すような豪華絢爛な生活とあのダンディぶり。僕はといえば、主人公が自分の家にいて仕事もしてないのに、早朝からこれでもかというくらいスタイリッシュにキメた姿を見て、腰を抜かすほどタマげました。俺なんかジャージだぜ、と。同時に同情もしましたね。あれじゃ気が抜けないしラクチンできないだろうな、と。

主人公の結末も悲劇的ですね。いわゆる、甘く、せつない人生。清少納言なら「いとあはれなり」といいたくなるような内容です。もちろんそこが魅力ではあるんですが、ただネーミングの対象としては決して100点満点といえるような人物ではないことも確かです。大金持ちだけど、実は闇商売で成り上がり、過去の人生を偽っている人間です。男らしさとも無縁です。知り合いになるにはいいけど友達にはなりたくないタイプかな。「う~ん、マンダム」と男性フェロモン全開でつぶやいたチャールズ・ブロンソンから見れば、絶対に一緒になりたくない人物でしょう。ちなみにマンダムは、ギャツビーの販売会社名でもあります。

ただ音感でいえば非常に引っかかりがある名前ですね。濁音あり、拗音あり、音引きあり。そういえば佐藤雅彦さんが広告界の前線でぶっちぎっていたとき、しきりに“濁音の効果”について語っていたのを思い出したでござーるです。けっこう、この語感の良さだけで決めたのかもね。

そもそもギャツビーという姓は、アメリカでもそんなに多くないはず。僕が今まで知り合ったアメリカ人(自慢できるような数はいないけど)にもそんな名前の人はいなかったし。先日、日経新聞のコラムでアメリカ人の姓が多い順に30位まで紹介されていましたが、もちろんその中にもありませんでした。

このコラムはとっても面白くて、アメリカ人の姓の由来についても書かれていました。たとえば“スミス”は鍛冶屋、“ミラー”は粉屋、“テイラー”は仕立屋という職業から来ているとか。“マクドナルド”や“マッキントッシュ”など「MC~」「Mac~」「M’~」で始まるのは「~の子・子孫」という意味だとか(“マクドナルド”は「ドナルドさんの子孫」)。“ジョンソン”“ウィルソン”などの「~son」も同様だとか。

するとギャツビーという名前の由来は何なんだろうか。たしか元々の主人公の名前ではなく、ある日、そう名乗るようになったはず。もう1回、小説を読んでみようかな。・・・・なんて思っていた矢先、“名前を変える際にGod's boyにかけてGatsbyとなった”という紹介がネットにありました(「東京大学文学研究会公式ブログ」)。へぇ、そうだったっけ? すいません、全然覚えてませんでした。ちょうどいい機会だし、いまだに読んでない村上春樹翻訳作品を買ってみようかな。

話を商品に戻します。以前、メキシコのインスタント麺市場で、東洋水産の「マルちゃん」が日清をさしおいて国民食ともいえる人気になっていることを書きましたが、実はこちらもインドネシアでの整髪市場で何と7~8割を占めているとのこと。オレって日本じゃイマイチだけど海外じゃ圧倒的イチバンだもんね~というブランドってのは結構あるようですね。ま、基本的に新興国の場合ですけど。

でもインドネシアっていったら、人口もたしか2憶4千万人くらいいるんでしょ。日本の約2倍ですよ。そこで、これだけのシェアを取っているってのはスゴイんじゃないでしょうか。デビィ夫人もビックリです。ただ実際、整髪料を使うインドネシア人男性がどのくらいいるかは知りませんが。あとイスラム教徒が多数のインドネシア人男性から見て、映画や小説のジェイ・ギャツビーがどう映るのかもわかりませんけど。

●mandom「GATBY」ホーム

最新のコラムを無料メルマガにて配信しています。ご希望してもらえる方は、こちらでご登録を。

コラム一覧

スーパーマーケット「成城石井」

2014/07/01

企業「HIS」など

2014/06/21

企業名「リーマン・ブラザーズ」など

2014/02/04

西友PB「みなさまのお墨付き」

2014/01/31

野菜直送便「ムムム農場」

2013/10/04

ラーメン店「一風堂」

2013/10/01

缶コーヒー「大人のBOSS」など

2013/06/26

バー&レストラン「T.G.I. Friday's」

2013/06/14

有機野菜宅配サービス「オイシックス」など

2013/03/21

週刊誌「女性自身」

2013/02/07

旅行ガイド本「地球の歩き方」

2012/12/17

イタリアン・ファミリーレストラン「サイゼリヤ」

2012/11/09

男性化粧品「ギャツビー」

2012/09/24

企業「オリエンタルランド」

2012/09/10

複合商業施設「渋谷ヒカリエ」

2012/07/04

高級豚肉「TOKYO-X」

2012/06/26

牛丼店「東京チカラめし」

2012/04/23

トマト「妻せつ子」

2012/04/11

企業「富士フイルム」など

2012/03/05

下着「ズルイブラ」「ズルイパンツ」

2012/02/25

ソーシャルゲーム「グリー」

2011/12/02

靴修理店「ミスターミニット」

2011/11/07

通り「バスケットボールストリート」

2011/10/25

タコ焼き店「築地銀だこ」

2011/09/20

急速充電器「チャデモ」

2011/09/01

カツラ会社「アデランス」

2011/08/01

サプリメント「なかったコトに!」

2011/07/20

マッサージ店「てもみん」

2011/07/01

政党「みんなの党」など

2011/06/25

格安航空「ピーチ」

2011/06/01

煙草「セブンスター」

2011/05/15

回転寿司「魚屋路」など

2011/04/15

居酒屋「和民」「魚民」

2011/04/01

飲食店「ベルサイユの豚」などなど

2011/03/01

春雨「マロニーちゃん」

2011/02/01

即席汁「一杯でしじみ70個分のちから」

2011/01/20

保険会社「あいおいニッセイ同和損害保険」など

2011/01/05

ラーメン屋「ラーメン二郎」

2010/11/01

住設ブランド「リクシル」

2010/10/15

消費者金融「ベネシア」

2010/10/01

名古屋土産「クッキーですか。食べたいですよそりゃ。」

2010/09/15

女性志向男性「ニューハーフ」

2010/09/01

服飾店「銀座山形屋」などなど

2010/08/15

家電量販店「LABI」

2010/08/01

自動車「シーマ」

2010/07/01

パスタ店「壁の穴」

2010/06/15

商業施設「ルミネマン」

2010/06/01

リフォームサービス「新築そっくりさん」

2010/05/15

店舗「さくらや」などなど

2010/05/01

公共機関「ハローワーク」

2010/04/01

ポイントカード「Ponta」

2010/03/15

インスタント麺「マルちゃん」

2010/02/25

調味料「辛そうで辛くない少し辛いラー油」

2010/02/08

電気自動車「リーフ」

2010/01/15

洗浄機能付トイレ「ウォシュレット」などなど

2009/12/14

住宅用太陽光発電システム「サンビスタ」

2009/11/27

給湯機「エコキュート」

2009/11/13

ファミリーレストラン「すかいらーく」

2009/11/03

雑誌「紙の爆弾」

2009/10/13

梨「二十世紀」

2009/09/16

栄養ドリンク「アリナミンV」など

2009/08/28

枝豆「湯あがり娘」

2009/07/16

食品会社「明治ホールディングス」

2009/07/01

自動車「サターン」

2009/06/02

飲料「ポカリスエット」

2009/04/25

薬品「正露丸」

2009/03/25

PB「トップバリュ」など

2009/03/16

民間人工衛星「まいど1号」

2009/02/20

街「美しが丘」

2009/02/01

ロボットスーツ「HAL」

2009/01/14